2012/04/29

eclipseのコンソールに出力される情報をログとして自動保存する方法

eclipseには、コンソールに出力される情報をログとしてファイルに自動保存する方法があります。

以前使っていてとても便利だったので、Androidアプリの開発にも使おうと思ったのですが、ファイルとして保存ができませんでした。JApplet や JApplication ではきちんと保存できたので何かしらありそうです。


■手順
  1. 「実行」タブ>「実行の構成」を選択し、「実行構成」ウィンドウを表示する。
  2. 対象のアプリケーションにある「共通」タブを選択し、「標準入出力」にある「ファイル」 にチェックを入れる(「コンソールに割り当て」にもチェックを入れておく)。
  3. 「ファイル・システム」を選択して、保存先のフォルダファイル名を決めて「保存」ボタンをクリックする。
  4. 「追加」にチェックを入れると、コンソールに表示された文字列がファイルに追加して保存される。
  5.  「ファイル」に設定したフルパスが表示されていることを確認し、「適用」ボタンをクリックすれば、設定が完了する。

※手順3では、「変数」から選んでもよい。"${workspace_loc}\console.log"とすると、ワークスペース直下に"console.log"というファイル名で保存される。



Androidアプリの開発ではLogCatの方がコンソールに出力される情報よりも重要とは思いますが、エミュレータの起動周りでのエラーの原因を調べるなどに便利なので利用できると良いのですが。。

0 件のコメント:

コメントを投稿